Android 開発入門

ホーム > Bluetooth > ペアリングされたデバイスリストの取得

ペアリングされたデバイスリストの取得

スポンサーリンク

Bluetooth では近くに存在するデバイスを探すことができます。

これを発見(ディスカバリ)といいます。発見作業のプログラム方法については「利用可能なデバイスを発見する方法」に記載しました。

発見は時間のかかる作業なので、実際の運用時には事前に「ペアリング」と呼ばれる作業を実施しておきます。

ペアリングされた端末については、Android システムにて Bluetooth 接続に必要な情報 (名前、アドレス、ペアリングコード等) を保持しているので、 いちいち発見する必要はありません。

ペアリングされた端末は Android の Bluetooth 設定から確認できます。

通常、プログラムから特定の端末に接続する際には、あらかじめペアリングを実施しておき、 このリストから Bluetooth 接続に必要な情報を取得するのが望ましいです。

ペアリングされたデバイスは、Android の API 体系では Bonded Device (結合されたデバイス) といいます。

BluetoothAdapter の getBondedDevices メソッドは、ペアリングされたデバイスの BluetoothDevice オブジェクトのセットを返します

    Set<BluetoothDevice> pairedDevices = bluetoothAdapter.getBondedDevices();
    if (pairedDevices.size() > 1) {
        for (BluetoothDevice device : pairedDevices) {
            //device.getName() 
            //device.getAddress()
	}

         showInfo(s);
    }

BluetoothDevice オブジェクトが取得できれば、クライアントとして接続を要求することができます。

尚、BluetoothAdapter のオブジェクトは、ハードウェア的に Bluetooth がサポートされていれば BluetoothAdapter.getDefaultAdapter() メソッドを呼べば直ちに取得できます。

ホーム > Bluetooth > ペアリングされたデバイスリストの取得