Android 開発入門

ホーム > Android アプリ開発 > コマンドラインからのエミュレータの起動方法

コマンドラインからのエミュレータの起動方法

ここでは Android Studio を起動せずに、コマンドラインからエミュレータを起動する方法を紹介します。

前提として Android SDK は /home/user1/Android/Sdk 以下にインストールされているものとします。

この場合 ANDROID_HOME 環境変数は /home/user1/Android/Sdk に設定されているはずです。 もし ANDROID_HOME を設定していない場合はした方が良いです。

Ubuntu では、通常 .bashrc に ANDROID_HOME と PATH として次のように書きます。

export ANDROID_HOME=/home/user1/Android/Sdk
export PATH=$PATH:$ANDROID_HOME/tools:$ANDROID_HOME/platform-tools

さて、エミュレータはその名の通り emulator ですが、 これは $ANDROID_HOME/tools にあります。

基本的にエミュレータを起動するには、@ に AVD 名を指定して次のようにします。

$ emulator @AVD名

しかし、「Qt ライブラリが見つからない」などのエラーが発生して、正しくエミュレータが起動できない場合があることと、 AVD の名前など覚えていない場合もあると思います。

そこで実践的に (?)、tools ディレクトリに移動して、現在作成されている AVD 一覧を出力したのち、エミュレータを起動する、という流れをまとめて書くと次のようになります。

$ cd $ANDROID_HOME/tools
$ emulator -list-avds
..
foo
$ emulator @foo

これによって、次のようにエミュレータが起動するはずです。

尚、AVD イメージが作成されていない場合はあらかじめ作成してください。

ホーム > Android アプリ開発 > コマンドラインからのエミュレータの起動方法