Android 開発入門

ホーム > 開発環境はどうやって作るの? > Google Nexus 7 タブレット接続用のドライバー

Google Nexus 7 タブレット接続用のドライバー

2012 年 7 月に Google 社が発売を開始した 7 インチタブレット、Google Nexus 7。

あなたはもう入手されましたか?

私は Google I/O 2012 での発表後、さっそくプリ・オーダーしていたので、米国時間7月17日(火) には入手できました。

この資料では実際に Google Nexus 7 を Windows に接続して開発を行う際のドライバーについて説明します。

Google Nexus 7 タブレットの Windows への接続

Windows では Android 端末を接続してプログラム開発を行うためには、USB ドライバーが必要になります。

Google Nexus 7 タブレットも例外ではなく、初期状態で接続すると次のように不明なデバイスと認識されてしまいます。

Google Nexus 7 タブレット

Google Nexus 7 タブレットではドライバーのインストールは容易です。

コンテキストメニューからドライバーの更新を選びます。開始したウィザードにて、ドライバーの場所を指定します。

Google Nexus 7 タブレット

ドライバーの場所は <SDK のインストールディレクトリ>\extras\google\usb_driver を指定します。

Google Nexus 7 タブレット

インストールを継続すると正常にインストールされるはずです。ドライバーが見つからない場合などは、SDK のアップデートを実施してください。

Google Nexus 7 タブレット

以上で DDMS から Google Nexus 7 タブレットが認識されるはずです。

Google Nexus 7 タブレット

Google Nexus 7 タブレットは初のジェリー・ビーン・タブレット (Android 4.1) ということでしたが、現時点で既に 4.1.1 という風にバージョン表示されていました。

ホーム > 開発環境はどうやって作るの? > Google Nexus 7 タブレット接続用のドライバー