Android 開発入門

ホーム > Bluetooth

Bluetooth

Bluetooth は近距離のデバイスを接続する方法として、非常に便利です。

特に RFCOMM という Bluetooth プロトコルがあるために、既存のシリアル通信デバイスを Bluetooth 端末にポートすることも容易です。

Android では RFCOMM チャネルを確立したあと Bluetooth ソケットを作成して通信します。具体的には記事の中で説明します。

また 2010年にリリースされた Bluetooth 4.0 (Bluetooth Low Energy、BLE) なども広く普及してきており、応用分野が広がっています。

クラシック Bluetooth

現状、実際の事例としては Android 端末同士はクラウド上のサーバーにインターネット経由で接続することが多いです。 Bluetooth が活躍するのは、Android をハブとして各種 IoT デバイスとの接続が行われる場合が主です。

Bluetooth シリアルモジュール HC-06 と温度測定アナログ IC を利用して遠隔温度計を作成し、それに Android 端末から接続してデータを読み取る例を「Bluetooth デバイスに接続する Android クライアントを作成する方法」に記載しました。

IoT については「基礎からの IoT 入門」も参考にしてください。

ホーム > Bluetooth