Android 開発入門

ホーム > Android プログラム開発 > Android SDK のインストール (Linux)

Android SDK のインストール (Linux)

スポンサーリンク

Android向けのアプリケーションを開発するため環境を作るには、以下のソフトウェアをインストールする必要があります。上から順番に設定してください。

Java (JDK) 5.0 以上

まず、Java の開発環境 (JDK) が必要です。必要に応じてインストールしましょう。 Java については Java 入門の開発環境設定 などを参考にしてください。

$ javac -version
javac 1.6.0_20

Eclipse (3.3.1以上)

次に、Eclipse をインストールしましょう。必須ではありませんが非常に優れた環境なので、特別にEclipseを使わない理由がない限り利用すべきです。このサイトでは Eclipseを利用した開発方法を説明します。

Android SDK ダウンロードしインストールする

android-sdk_r08-linux_86.tgz をダウンロードし、/home/keisukeo/android-sdk-linux_86 に展開しました。 違うディレクトリ名にしたら適当に読み替えてください。

.bashrc に次を追加

SDK Tools を PATH に追加しておきます。

export PATH=${PATH}:/home/keisukeo/android-sdk-linux_86/tools

Eclipse プラグイン

Eclipseプラグインは普通に、Help メニューの Install New Software... からインストールします。

Android プラグイン

Android Development Tools 用のサイトを追加して...

Android プラグイン

ツール類をインストールします。

Android SDK Components

Android SDK コンポーネントをインストールします。

Android SDK コンポーネントのインストールには、 Android SDK and AVD Manager を利用します。これは SDK ディレクトリ/tools/android です。

Android SDK コンポーネント

起動すると Available Packages (利用可能なパッケージ) が表示されるので、項目にチェックしてインストールします。

Android SDK コンポーネント

必要なコンポーネントをダウンロードしつつ、インストールは進み...

Android SDK コンポーネント

次のように Done と表示されれば OK です。

Android SDK コンポーネント

ホーム > Android プログラム開発 > Android SDK のインストール (Linux)