Android 開発入門

ホーム > Android 携帯 > DROID X のアクティベート

DROID X のアクティベート

DROID X を米国ベライゾンワイヤレス (Verizon Wireless) 社のウェブサイトで購入しました。

ここではモノが届いてから、それをアクティベーションして利用可能にするところまで写真入りで説明します。

こういうシーンはあまり見かけないと思ったので記録として書きますが・・・、実際には何の役にも立たないかもしれません・・・ (苦笑)

ま、ともあれ私の日記という程度にみてやってください。

荷物が届いた!

オンラインで購入手続きすると、 Fedex のスタンダード・オーバーナイトシッピングという方法で発送されます。

このスタンダード・オーバーナイトという発送種別がちょっと曲者で・・・、というか、私が誤解していたもので、 "オーバーナイト" なんていうから、 翌日に配達されるくらいの勢いで届けられるのかと思ったら、土日は配達しないもののようです。平日ならば1、2日で届くようですが・・・。

Fedexにはプライオリティー・オーバーナイトというのがあって、そっちだと土曜日の配達もあるんだそうです。。。

ともあれ、週末オーダーするとちょっと遅めに配達されて来ます。

DROID X

中はこんな感じ・・・。

DROID X

今回はアクセサリ類も同時にオーダーしたので、いろいろと届きました。

車内用の充電器(チャージャー)、スクリーンの保護シート・・・

DROID X

DROID X 本体と、車用のマウントです。スマートフォンをカーナビとして使う場合に利用します。

DROID X

まずは全く汚れないうちに保護シートを表面に貼ります。

DROID X

ちなみに後日談ですが、後でスノーボードに出かけた歳、デジカメと DROID X を同じポケットに入れてしまったために、 保護シートを貼っていなかったら、危なく DROID X に傷がつくところでした。保護シートには細かな傷がたくさんつきましたが、 保護シートは全部で3枚入っていたので張り替えることができ問題ありませんでした。

バッテリーをセット。

DROID X

はじめから80%充電されていました。

DROID X

さっそく起動・・・

DROID X

DROID X のアクティベーションの開始

Android が起動して、ウェルカムスクリーンになりました。

DROID X

ここからアクティベーションを開始します。

DROID X

所定の番号に電話をかけます。

DROID X

音声の指示に従って、電話番号、SSNの下4桁などを押します。 SSNはアメリカの人なら皆持っている番号で、 日本人でも就労可能なビザを持っていると取得可能です。(なので、私も持ってます)

指示にしたがって少し待ちます・・・

DROID X

アクティベーション完了!

DROID X

これで実際に直ちに利用可能になりました。

ちなみに、 出荷の状態で Android のバージョンは 2.2 です。

DROID X

もともと DROID X は 2.1 で、 2.2 へのアップデート可能とのことでしたが、 2011年2月現在で 2.2 がインストールされた状態で出荷されているのですね。

ホーム > Android 携帯 > DROID X のアクティベート